×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日本最北限サンゴ群集保全プロジェクト|オニヒトデ



Topメニュー  オニヒトデ調査&駆除 ⇒ 日本最北限サンゴ群集保全プロジェクト(オニヒトデ調査&駆除)


日本最北限サンゴ群集保全プロジェクト
オニヒトデ調査&駆除


【プロジェクト名】 日本最北限サンゴ群集保全プロジェクト (案)


【概要】

【プロジェクトの背景】

 
サンゴ域は、「海の熱帯林」とよばれるほど豊かな生物多様性を持っており、海洋環境に重要な役割を果たしています。近年わが国におけるサンゴ礁は、白化現象、オニヒトデやサンゴを食する巻貝の大量発生、人の諸活動による水質の悪化など様々な危機にさらされています。和歌山県沿岸(紀州灘)に生息するサンゴ群集も例外ではありません。

サンゴ礁を有する沖縄や国内サンゴ群集の最北端として有名な和歌山県串本町沿岸(ラムサール条約登録地)などでは、環境省委託事業等による様々な保全活動の取り組みがなされていますが、紀州灘のうち串本を除く高緯度(以北)に生息しているサンゴ群集に関して何ら取り組みがなされていません。

紀州灘環境保全の会では、特に白浜の『四双島(シソウジマ)』(和歌山県白浜町の沖約1km)に生息するサンゴ群集に注目してきました。 この『四双島』とその周辺海域は、サンゴが密集して生息しておりイセエビや温帯系の魚種も多く、さらにサンゴ群集を餌場や住居とする熱帯系の魚も多く生息し、ダイバーやスノーケラー、海水浴客、釣り客などマリンレジャーを楽しむ重要な海域となっています。 

 白浜町は温泉地として有名であり、国内でも有数のマリンレジャーの拠点となっており、H19年の総観光客数は3,336千人、その内マリンレジャーを目的に訪れる観光客は704千人にも及びます。

ここでも、他のサンゴ海域同様、サンゴを食する巻貝やオニヒトデの発生などの問題を抱えています。 しかしながら、サンゴ群集の分布や被害実態の把握はされておらず、サンゴの分布調査、被害調査、オニヒトデやサンゴを食する巻貝の駆除対策など具体的、効果的な対策が求められています。

2004年串本町沿岸各地でオニヒトデが大発生しました。 (財)海中公園センターが中心となり地元ダイビング事業体が集まる協会と協力しオニヒトデの駆除を開始しました。 2005年の20138個/年間をピークに減少し、2007年には5199個/年間とオニヒトデの数も減っていることから、駆除による効果が確認されています。 しかしながら2006年以降、生後1〜2年のオニヒトデ(直径15p以下)が500個体近く見つかっていることから、2005年以降、串本でもオニヒトデが繁殖していることが推察されています。 オニヒトデの絶対数は減少しているものの、駆除と監視を継続することが必要であり、今後のサンゴ群集とオニヒトデの状態把握が重要であることを示唆しています。

 数年前より白浜『四双島』とその周辺海域にオニヒトデが目撃されるようになり、今年に入って異常発生とも考えられる数のオニヒトデが確認されました。

これだけ多くの観光客が利用し楽しんでいるサンゴ群集に対してなんら方策を講じずこのまま放置しておくと長い年月をかけて育ったサンゴ群集を短期間で失う可能性があります。

【プロジェクトの概要】
 
1. 四双島サンゴ群集におけるオニヒトデ生息状況の詳細な調査

1) 四双島サンゴ群集の広さ
   現時点ではその広さは確認されていないが、おおよそ3ha程度と思っている。海図等を基にし調査を実施し広さを見積もる。

2) 四双島サンゴ群集におけるサンゴの被覆度、構成サンゴ種
   マンタ法、トランセクト法、コドラート法等によりサンゴの被覆度合いとサンゴ種の構成を明らかにする。得られたデータは本格駆除実施に向けての基礎データとする。

3) オニヒトデ生息数調査
   基本的な調査方法はトランセクト法を用いるが他方法も検討が必要と考える。ラインを何本とるか、その間隔や長さはどうするか等は別途検討する。得られたデータは本格駆除実施に向けての基礎データとする。

4) 四双島サンゴ群集のオニヒトデ生息数の予測と駆除工数費用算出
   上記調査で得られた基礎データを集計分析することにより駆除範囲を設定し、駆除工数を算出する。

2009年6月6日、13日、19日、7月31日、9月14日の5回の調査及び駆除結果を集計すると、

● 調査済み面積     3100u 
● オニヒトデ駆除済み数 122個
● オニヒトデ生息数推測 393個/1ha(100mx100m=10000u)
● 調査に要した人数   21人(平均 4人/1回)
● 平均駆除面積     147m2/1人・1回
● 調査ダイビング数   5回
● オニヒトデ平均駆除数 5.8個/1人・1回

以上の基礎データより、四双島サンゴ群集でのオニヒトデ駆除工数を試算すると、

● 四双島サンゴ群集の広さ 3ha(暫定値)
● 全面積駆除人数     約200人
● 全面積オニヒトデ生息数推測  1180個
● 概算費用算出         1,180千円(※1:オニヒトデ1個1,000円として)

※1:過去、沖縄等の事例よりオニヒトデを1個駆除する費用は、数百円〜千数百円との報告より参考値として引用試算した。これら5回の調査はオニヒトデの駆除になれていない方の参加が多く、他にも水中ビデオや写真撮影など駆除以外の作業も含まれており本格的な駆除作業ではマニュアルの整備等によりさらに効率よく実施できると考える。 

2. 四双島サンゴ群集における保全活動体制の確立(地域社会、行政、観光業界、大学等が参加した協働体制の確立を目指す)

1) オニヒトデ駆除体制の重要性と組織
過去のオニヒトデ駆除が失敗した原因の一つに恣意的な駆除を実施する、感情的になり計画性や駆除後のフォロー体制がしっかりしておらずやりっぱなしなったことが原因している。
しっかりした体制を組み情報を集約し後の駆除活動に繋げて行くことが重要と鑑み以下の機関を組織するが、その詳細については今後検討することとする。 ここでは参加すべき主たる機関と役割を挙げる。

●サンゴ群集保全対策協議会(仮名):意思決定 広報活動 ○○○ 事務局 紀州灘環境保全の会
●サンゴ群集保全管理計画  :計画立案と情報管理 : 紀州灘環境保全の会
●サンゴ群集保全実施     :サンゴ保全実施   : 地元ダイビング事業体・紀州灘環境保全の会、他ボランティアダイバー
●地域行政、観光業界     :オーソライズと承認 : 地元自治体・協議会等

3. オニヒトデ駆除マニュアルを整備し駆除実行に関する様々な情報の一元化を図る

1) オニヒトデ駆除マニュアルの整備と説明
    オニヒトデ駆除作業にあたり参加者・関係者がしっかりとした共通の意識とベクトルをあわせ効率的に実施できるよう目的を明確にし、組織・体制・作業の標準化、参加条件・オニヒトデ等によるケガの応急処置等のマニュアルを整備し説明する。

2) 情報の一元化
    日々発生する情報を事務局に集約、一元管理することによりプロジェクトの進行状態、オニヒトデの発生状況、駆除実績、現状の問題を把握し統合的に管理する。 

3) 情報公開
    プロジェクトの進行やオニヒトデの発生状況、駆除実績等、随時ホームページ上に公開することにより関係者は情報が欲しいと思った時にすぐに閲覧できるようにする。 他にも一般の方やオニヒトデ駆除を検討している方々にも役立つものと考える。
  
4. 周辺に位置するサンゴ群集の実態調査

1) 四双島サンゴ群集に隣接する海域のオニヒトデ
    2004年に串本サンゴ群集オニヒトデが大発生した。 その後2007年和歌山県白浜町の三段壁(串本より北西50kmに位置)に1dive中に十数匹オニヒトデを確認することもあった。(三段壁によく潜る地元ダイビングインストラクターからの聞き取り情報、ちなみに三段壁にはサンゴ群集はない) そして2009年に四双島サンゴ群集オニヒトデが異常発生した。 さらに北方3kmに位置する沖ノ島には大サンゴ群集「ニシザキサンゴ」が存在する。

   「ニシザキサンゴ」はダイビングのポイント名であり、田辺市の沖3kmに位置する「沖ノ島」周辺の大サンゴ群集である。 サンゴの被覆度は50%以上が6ha、サンゴ種は80種と日本最北限のサンゴ群集である。(2004年、2005年に弊会が和歌山県委託事業実施より明らかにした)
 
2) 田辺市の沖3km沖ノ島周辺のサンゴ群集実態調査
    オニヒトデは串本サンゴ群集から北上し、その生息域を拡大していることに疑いはない。 この海域を潜る地元ダイビングインストラクターによるとオニヒトデを「時々」見るとの情報がある。 この「時々」がどれくらいかは定かではない。 この海域のサンゴ群集を最重要海域と位置づけオニヒトデの実態調査を実施する。

5. 周辺海域を含む定期的・継続的なモニタリング調査

1) 新たなオニヒトデの移入対策
    駆除が終わったとしても新たなオニヒトデが移入してくることは沖縄などの例をみても明白であり後々までフォローして行くことがオニヒトデ駆除の効果を持続させることである。

2) 定点観察海域でのモニタリング
   四双島サンゴ群集と沖ノ島サンゴ群集で特に重点的に監視する海域を設定すると共に定期的な調査を実施しオニヒトデの発生状況をモニタリングする。

 


【目的】

【プロジェクトの目的】
四双島サンゴ群集におけるオニヒトデの異常発生状態を軽減すると同時に、周辺に位置する複数のサンゴ群集におけるオニヒトデ生息状態のモニタリング及び異常発生の防止を図るのが、本プロジェクトの目的である。

【問題点】
2006年頃より、和歌山県白浜町沖に位置するサンゴ群集『四双島』および周辺海域において、サンゴを食料とするオニヒトデが目撃され始め、その確認数は今年に入り急速に増加している。
2009年6月6日〜9月14日の7回に渡り、上記四双島サンゴ群集内の海域においてオニヒトデ生息に関する調査(駆除含む)を実施した。同調査結果に基づくと、同海域における1haあたりの生息予想数は393個体となる。海域1haあたりに生息するオニヒトデの個体数が30を超えた場合、オニヒトデが異常発生状態にあると判断するのが一般的であるため、四双島サンゴ群集ではオニヒトデの異常発生が進行中であると結論付けるのが妥当である。
1匹のオニヒトデが1年間に食するサンゴは、5〜13平方メートルと言われており、現状の生息予想数が維持された場合、四双島サンゴ群集は2〜3年程度でオニヒトデに食べ尽くされる計算となる。

【解決方法】
1. 四双島サンゴ群集におけるオニヒトデ生息状況の詳細な調査
2. 四双島サンゴ群集における保全活動体制の確立
3. オニヒトデ駆除のマニュアルを整備
4. オニヒトデ駆除の実行
5. オニヒトデに関する様々な情報の一元化と公開
6. 周辺に位置するサンゴ群集の実態調査
7. 周辺海域を含む定期的・継続的なモニタリング調査(新たなオニヒトデの移入に備える)

上記施策により、当該海域および周辺海域におけるオニヒトデの生息数を自然が許容可能な値(1haあたり15匹以下)に保つのが最終目標である。



【見込める成果】

オニヒトデの生息数を自然が許容可能な値(1haあたり15匹以下)に保つことができます。

● 白浜町に訪れるマリンレジャー目的の観光客に気持ちの良い海中の景観を提供することができます。

● サンゴ群集に住む魚介類やイセエビ、海藻など水産資源の恵を受けることができます。

● サンゴ群集は生物多様性の宝庫です。
サンゴ群集は生物多様性の宝庫といわれ、海中の熱帯雨林とも言われています。 サンゴ礁では海洋生物の25%、魚類の33%が関って生きているにもかかわらず、現在は全世界の海底総面積の0.2%しか存在しません。少しサンゴがなくなっただけでも海洋生物に多大な影響がでることが予想されます。 

● サンゴ礁の海は観光資源としても全世界の働き口の10%を支えていると言われています。

● サンゴ礁は自然の防波堤として台風や高波から沿岸地域を守っています。

● 医学的に有効な化学物質を産出しています。
藻類からガン治療薬、イモ貝類から鎮痛剤など新薬発見の可能性は陸上生態系の400倍と見積もられ、現薬の50%は天然物質から生成されています。

● 最近、国立環境研究所が発表したところによりますと大気中CO2吸収は、海洋30%であり陸上森林14%の2倍に及ぶとのことです。 

● サンゴのポリブには褐虫藻が共生しており海中のCO2を吸収し光合成により酸素を放出しています。 サンゴは褐虫藻からもらった栄養分で生活しCO2を石灰化しサンゴの骨格として封じ込めています。 世界のサンゴ礁が固定(石灰化)するCO2量は大気中量の2倍と言われています。

● 本事業に関する広報活動を自治体や大学等と連携して推進することによって、広く市民に地球温暖化の身近な影響、サンゴ群集保全の価値・意義、身近にサンゴの群生がある暮らしの豊かさなどについて考える機会を提供できます。


【スケジュール】

2009.6: 四双島オニヒトデ生息数調査(3回)と集計(公式発表に向けて) →完了済み

2009.7: 四双島オニヒトデ異常発生の公式発表 田辺記者クラブ →完了済み
      (広く一般に認識して頂き、まず世論を動かし民意に訴える)

2009.7: 四双島サンゴ群集調査(広さ・サンゴ種・被害状況) 第1回 →完了済み

2009.8: 体制確立に向け各機関へ現状認識と調整開始 →田辺・白浜各役所説明済み

2009.8: 四双島オニヒトデ生息数調査と集計 第4回 →完了済み

2009.9: 四双島オニヒトデ生息数調査と集計 第5回 →完了済み(生息数調査は終了)

2009.10: 助成金の申請手続き(民間・行政等) →現在進行中だが行政から資金支援は望み薄、民間に期待

2009.10: 四双島サンゴ群集調査(広さ・サンゴ種・被害状況) 第2回 →完了済み、データ纏め中

2009.11: 沖ノ島サンゴ群集調査(被害状況) 第1回 (広さ・サンゴ種は2004年、05年で完了済み)

2009.12: 白浜○○○協議会での説明

2010.1〜2: 和歌山県自然環境室、田辺市、みなべ町、白浜町への説明と報告

2010.3: 助成金確保

2010.4: オニヒトデ駆除のマニュアルを整備

2010.5〜 : 四双島オニヒトデ駆除実施
         6 X 15日 = 90人工 

2010.9: プロジェクトの中間報告作成と報告

2010.10: 来年度助成金の申請手続き(民間・行政等)

2010.10〜2011.2: 四双島オニヒトデ駆除実施
            6人X 10日 = 60人工

2011.3: プロジェクトの完了報告作成と報告

2011.3: 来年度助成金確保

2011.4: 周辺海域を含む定期的・継続的なモニタリング調査





Copyright (C) 紀州灘環境保全の会 All Rights Reserved.