×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

リーフチェック|サンゴ礁への人為的影響等生態調査|和歌山ニシザキサンゴ

紀州灘環境保全の会 サンゴ食貝駆除・移植・調査・リーフチェック・清掃


Topメニュー  リーフチェック ⇒ リーフチェック集計「和歌山ニシザキサンゴ」


リーフチェック集計「和歌山ニシザキサンゴ」 リーフチェック|ニシザキサンゴ

2004年〜2008年リーフチェックのデータ集計
「ニシザキサンゴ」
 ※データはNPOコーラルネットワークより提供



魚類 2004/5/30 2005/5/29 2006/5/28 2007/5/27 2008/11/16
合計 平均 標準偏差 合計 平均 標準偏差 合計 平均 標準偏差 合計 平均 標準偏差 合計 平均 標準偏差
チョウチョウウオ類 5m 23 5.75 3.3 27 6.75 5.5 6 1.5 1.29 10 2.5 1.73 23 5.75 4.992
10m 23 5.75 3.95 1 0.25 0.5 - - - 1 0.25 0.5 32 8 3.559
イサキ類 5m 7 1.75 1.71 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
10m 7 1.75 0.5 3 0.75 0.96 - - - 0 0 0 2 0.5 1
フエダイ類 5m 1 0.25 0.5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
10m 0 0 0 0 0 0 - - - 0 0 0 1 0.25 0.5
メガネモチノウオ 5m 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
10m 0 0 0 0 0 0 - - - 0 0 0 0 0 0
サラサハタ 5m 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
10m 0 0 0 0 0 0 - - - 0 0 0 0 0 0
ハタ類 (30cm以上) 5m 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
10m 0 0 0 0 0 0 - - - 0 0 0 0 0 0
(アカハタ) 5m 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
10m 0 0 0 0 0 0 - - - 0 0 0 0 0 0
カンムリブダイ 5m 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
10m 0 0 0 0 0 0 - - - 0 0 0 0 0 0
ブダイ類 (20cm以上) 5m 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
10m 0 0 0 0 0 0 - - - 0 0 0 0 0 0
(ブダイ) 5m 1 0.25 0.5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
10m 5 1.25 0 0 0 - - - 0 0 0 6 1.5 1.732
(アオブダイ) 5m 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
10m 0 0 0 0 0 0 - - - 0 0 0 0 0 0
ウツボ類 5m 1 0.25 0.5 3 0.75 1.5 0 0 0 3 0.75 0.96 1 0.25 0.5
10m 4 1 0.82 0 0 0 - - - 2 0.5 0.58 2 0.5 1
(ウツボ) 5m 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0.75 0.96 0 0 0
10m 0 0 0 0 0 0 - - - 2 0.5 0.58 0 0 0
(ワカウツボ) 5m 1 0.25 0.5 3 0.75 1.5 0 0 0 0 0 0 0 0 0
10m 4 1 0.82 0 0 0 - - - 0 0 0 0 0 0
(トラウツボ) 5m 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0.25 0.5
10m 0 0 0 0 0 0 - - - 0 0 0 2 0.5 1
クロホシイシモチ 5m 959 239.75 412 103 98.65 374 93.5 79.852 85 21.25 9.74 107 26.75 18.14
10m 1074 268.5 203 50.75 32.51 - - - 307 76.75 25.04 860 215 270
ソラスズメダイ 5m 615 153.75 848 212 159.49 547 136.75 124.96 84 21 19.88 107 26.75 8.221
10m 829 207.25 88 22 22.26 - - - 376 94 49.95 2180 545 627.5
ニシキベラ 5m 77 19.25 61 15.25 8.73 28 7 11.402 73 18.25 12.74 6 1.5 1
10m 12 3 13 3.25 4.57 - - - 33 8.25 7.72 26 6.5 4.509
カミナリベラ 5m 1 0.25 0.5 1 0.25 0.5 0 0 0 0 0 0 0 0 0
10m 2 0.5 1 0.25 0.5 - - - 0 0 0 18 4.5 3.697
イトヒキベラ 5m 0 0 0 0 0 0 3 0.75 1.5 1 0.25 0.5 0 0 0
10m 2 0.5 2 0.5 0.58 - - - 0 0 0 2 0.5 0.577
ホンソメワケベラ 5m 25 6.25 5 1.25 0.96 2 0.5 1 0 0 0 24 6 6.055
10m 14 3.5 4 1 0.82 - - - 0 0 0 4 1 1.414
クマノミ 5m 11 2.75 0 0 0 13 3.25 3.2 3 0.75 1.5 24 6 2.449
10m 16 4 4 1 2 - - - 10 2.5 3 41 10.25 2.062
カサゴ 5m 2 0.5 13 3.25 2.06 0 0 0 1 0.25 0.5 1 0.25 0.5
10m 2 0.5 4 1 0 - - - 0 0 0 4 1 2
無脊椎動物 2004/5/30 2005/5/29 2006/5/28 2007/5/27 2008/11/16
合計 平均 標準偏差 合計 平均 標準偏差 合計 平均 標準偏差 合計 平均 標準偏差 合計 平均 標準偏差
オトヒメエビ 5m 0 0 0 1 0.25 0.5 0 0 0 0 0 0 0 0 0
10m 0 0 0 0 0 0 - - - 0 0 0 3 0.75 0.957
ガンガゼ類 5m 83 20.75 9.74 43 10.75 7.37 20 5 4.55 14 3.5 2.38 50 12.5 2.646
10m 129 32.25 20.5 51 12.75 11.76 - - - 37 9.25 4.19 155 38.75 38.03
パイプウニ 5m 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
10m 0 0 0 0 0 0 - - - 0 0 0 0 0 0
シラヒゲウニ 5m 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
10m 0 0 0 0 0 0 - - - 0 0 0 1 0.25 0.5
ナマコ類
(バイカ、シカク、アカミシキリ)
5m 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
10m 0 0 0 0 0 0 - - - 0 0 0 0 0 0
ナマコ類
(トラフ、ニセクロ、アカオニ)
5m 0 0 0 0 0 0 1 0.25 0.5 0 0 0 0 0 0
10m 1 0.25 0.5 2 0.5 0.58 - - - 2 0.5 1 2 0.5 0.577
オニヒトデ 5m 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
10m 0 0 0 0 0 0 - - - 0 0 0 1 0.25 0.5
ホラガイ 5m 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0.25 0.5 0 0 0
10m 0 0 0 2 0.5 0.58 - - - 0 0 0 0 0 0
シャコガイ類 5m 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
10m 0 0 0 0 0 0 - - - 0 0 0 0 0 0
イセエビ類 5m 2 0.5 0.58 0 0 0 0 0 0 1 0.25 0.5 0 0 0
10m 0 0 0 0 0 0 - - - 0 0 0 0 0 0
ナガウニ類 5m 1 0.25 0.5 12 3 4.76 33 8.25 2.75 5 1.25 1.5 41 10.25 7.274
10m 11 2.75 2 0.5 1 - - - 18 4.5 2.38 33 8.25 7.5
ボウシュウボラ 5m 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
10m 0 0 0 0 0 0 - - - 0 0 0 0 0 0
底質 2004/5/30 2005/5/29 2006/5/28 2007/5/27 2008/11/16
合計 平均 標準偏差 % 合計 平均 標準偏差 % 合計 平均 標準偏差 % 合計 平均 標準偏差 % 合計 平均 標準偏差 %
HC 5m 128 32 3.56 80 60 15 1.41 37.5 53 13.3 2.22 33.125 105 26.3 0.96 65.625 97 24.3 3.4 60.625
10m 55 13.75 2.99 34.375 43 10.75 2.99 26.875 - - - - 78 19.5 3.51 48.75 47 11.8 6.34 29.375
SC 5m 1 0.25 0.5 0.625 0 0 0 0 2 0.5 0.58 1.25 0 0 0 0 1 0.25 0.5 0.625
10m 0 0 0 0 0 0 0 0 - - - - 0 0 0 0 0 0 0 0
RKC 5m 1 0.25 0.5 0.625 21 5.25 1.26 13.125 0 0 0 0 8 2 0.82 5 2 0.5 1 1.25
10m 0 0 0 0 1 0.25 0.5 0.625 - - - - 1 0.25 0.5 0.625 1 0.25 0.5 0.625
NIA 5m 1 0.25 0.5 0.625 36 9 2.71 22.5 66 16.5 6.19 41.25 16 4 1.15 10 0 0 0 0
10m 15 3.75 3.1 9.375 34 8.5 2.89 21.25 - - - - 50 12.5 5 31.25 49 12.3 5.06 30.625
SP 5m 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0.25 0.5 0.625 0 0 0 0 0 0 0 0
10m 0 0 0 0 0 0 0 0 - - - - 1 0.25 0.5 0.625 1 0.25 0.5 0.625
RC 5m 19 4.75 1.5 11.875 38 9.5 4.2 23.75 31 7.75 6.8 19.375 26 6.5 2.52 16.25 53 13.3 3.86 33.125
10m 69 17.25 5.32 43.125 49 12.25 4.57 30.625 - - - - 28 7 3.56 17.5 40 10 4.24 25
RB 5m 8 2 2.71 5 0 0 0 0 5 1.25 1.26 3.125 0 0 0 0 0 0 0 0
10m 15 3.75 6.85 9.375 19 4.75 8.22 11.875 - - - - 1 0.25 0.5 0.625 13 3.25 4.03 8.125
SD 5m 1 0.25 0.5 0.625 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0.5 1 1.25
10m 3 0.75 1.5 1.875 8 2 1.83 5 - - - - 0 0 0 0 9 2.25 1.71 5.625
SI 5m 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
10m 0 0 0 0 0 0 0 0 - - - - 0 0 0 0 0 0 0 0
OT 5m 1 0.25 0.5 0.625 5 1.25 1.26 3.125 2 0.5 1 1.25 5 1.25 2.5 3.125 5 1.25 2.5 3.125
10m 3 0.75 0.5 1.875 6 1.5 1.29 3.75 - - - - 1 0.25 0.5 0.625 0 0 0 0
TSコメント2008年 : 今回は冬場であるにもかかわらず、調査日は天候もよく、海の透明度も高かったため、快適に調査ができたと思います。さて、今回の2008年の調査では全体として生物層が調査を始めた2004年に近づいている感があります。特に、今年は11月であるにも関わらずまだ水温が高いため、サンゴ礁系の魚類が多く見られました。また、今年は台風が一度も来なかったこともあり浅瀬のイシサンゴも波浪による破壊を免れ、健康状態は良かったと思います。ただ、今回調査を行った11月は夏季の間に黒潮によって沖縄方面から流れ着いた魚類などの生物が多く残っている時期で、移入初めの5月(これまでの調査月)と直接比較すると多少生物層が異なるのですが、それを差し引いても健康状態は良好であると思われます。近年の温暖化の影響で徐々にではありますが、確かに水温は上昇してきている傾向があります。ただ、田辺湾など黒潮の影響を強く受ける場所では、黒潮の蛇行が直接冬場の水温の上下と直結しますので、温暖化の影響と一概にはいえません。そのため、温暖化に加え、この冬場に黒潮が沿岸に接岸していればかなりの熱帯系生物が越冬する可能性もあります。ただ、それはそれで大きな問題を生じます。今回、オニヒトデが1匹しか観察されませんでしたが、冬場の低水温でオニヒトデが死亡しないと今後どんどん増えていく可能性は棄て切れません。さらに、この調査では調査対象とはなっていませんが、イシサンゴ類を食べるシロレイシガイダマシ類がかなり観察されました。特に枝型テーブル状のエンタクミドリイシによく着いており、群体の半分程度が捕食されているものも数群体観察されました。今後、さらにこの巻貝が増殖すると、イシサンゴ類の大部分が捕食される可能性があります。田辺湾などいわゆる温帯域のサンゴ群集では、これまでの予備的な調査でイシサンゴ類の幼生の新規加入があまり起こっておらず、過去に移入してきた群集が維持されていると考えられています。以前、田辺湾では低水温などにより、大規模なサンゴ群集の減少が見られたこともありましたが、その時は群体のほんの一部分が生き残っており、そこから再び成長しているとように見受けられます。一方、オニヒトデやシロレイシガイダマシなどによる捕食はサンゴの群体全体を殺してしまうため、再生ができません。そのようなことが続くと、サンゴ群集自体が縮小し、しいてはなくなってしまうかもしれません。加入が少ないため、一度そうなってしまうと、再生するのに何年もしくは何十年とかかるでしょう。そうならないために、このような僻地のサンゴ群集では、現状を保護しようとするならオニヒトデやシロレイシガイダマシの除去が今後必要になってくるかもしれません。 最後に、上記にも書きましたが、2005年1−2月の低水温で特に浅瀬のサンゴがかなり死にましたが、今年はそれ以前の状態に近づくほど回復してきているように見えます。海が暖かい状態はサンゴにとっていいのですが、またサンゴの捕食者もつれてきますので、今後の継続調査によりその関係も明らかになってくるでしょう。  
※上記データはNPOコーラルネットワークより提供頂きましたものです。



Copyright (C) 紀州灘環境保全の会 All Rights Reserved.